カクテキ (その1)

更新日:2016年01月12日

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

さて新年早々、庭先メンバーのお母さんから大根をいただきました。

本来なら、この時期まで畑に大根が残っていれば、雪や霜にやられて傷だらけになっているはずなのですが、今年は暖冬のため、元気な大根がそのまま畑に残っているというのです。「おまん、欲しけりゃ畑まで獲りに来んかね。」

早速、ありがたく頂戴してしまいました。しかも結構な量を。「嫁のもらい手が見つかって良かったわ。」とお母さんも笑顔。本当にありがとうございます。

160109 畑作業007

しかし、生のまま置いておくには量が多い。今から干すにはちょっと時期が遅い。干さずに漬ける食べ方は何かないものか?

というワケで、カクテキにしてみました。おすすめレシピ、今回は長文です。

★おすすめレシピ★ ~カクテキ~

●材料
大根
塩

●タレの材料(分量は例によってお好みで!!)
塩
ニンニク(ミキサーにかける)
リンゴ(すりおろし)
しょうが(みじん切り)
ネギ(みじん切り)
唐辛子(荒いフレーク状もの、細かい粉状もの)
アミの塩辛
味の素

作り方【1日目】

① 大根の皮をむき、3cm角くらいのサイコロ状に切ります。
② 切った大根を、 漬けもの樽に5cmくらいの高さまで入れて、塩をふりかけます。また5cmぐらい入れたら、塩ふりかけ、樽いっぱいになるまで繰り返します。塩は下へ浸透していくので、最後にふりかける塩はやや多めにかけます。
③ 樽にいっぱいになったら、中ぶたを落として重しを載せます。
④ 数時間で水が出てきます。重しがずれることがあるため、数時間ごとに様子を見て重しの位置を直しましょう。

【2日目】
① 大根の塩加減をみます。ちょうどよい塩加減であれば、樽の水を捨てます。辛すぎるようであれば、大根を軽く水で洗います。
② タレを作ります。リンゴは皮をむき、しばらく塩水につけてからすりおろします。ニンニクは水を加えてミキサーにかけます。しょうがはみじん切りにします。ネギはみじんぎりにします。

160111 特産品(カクテキ)003 160111 特産品(カクテキ)014
③ ②とその他調味料をよく混ぜ合わせます。
④ ①をつけもの袋に手で入れます。水が樽の下に溜まっているため、樽ごと袋に移し替えるのではなく、手で移し替えた方が良いです。
⑤ ④に③のタレを入れ、よくかき混ぜます。袋の空気をできるだけ抜いて輪ゴムで袋の口を結びます。その上に中ブタを置いて、軽めの重しをします。

こうして一週間ほど寝かせます。続きはまた来週!

お知らせ

  • 桑取谷再生古民家 平左衛門